個人情報の利用目的の通知および開示・訂正等について

 

1. 利用目的の通知請求手続きについて

カーディフ生命では、個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます。)に基づき、当社においてどのような目的で保有するお客さまの個人情報を含む個人データ(以下、「保有個人データ」といいます。)を利用するかを、お客さま本人の求めにより、請求者ご本人に通知いたします。
請求手続きについてのお問い合わせは、当社までご連絡いただきますようお願いいたします。

2. 開示請求手続きについて

カーディフ生命では、個人情報保護法に基づき、保有個人データについて、お客さま本人の求めにより定められた手続きのもとに情報の開示をいたします。
カーディフ生命が取扱う保有個人データの開示に関するご請求についてのお問い合わせは、当社までご連絡いただきますようお願いいたします。

3. 訂正等請求手続きについて

お客さま本人からの請求に基づき開示されたお客さま本人の保有個人データの登録内容に誤りがあり、訂正等のご請求があった場合、カーディフ生命では、事実関係を調査し、その結果、保有個人データに誤りがあれば当社の利用目的の達成に必要な範囲内で訂正等の手続きを行います。
請求手続きについてのお問い合わせは、当社までご連絡いただきますようお願いいたします。

(1) ご本人に関して

氏名、生年月日、性別、連絡先(住所、電話番号、メールアドレスなど)、職業、勤務先、職務内容、金融機関口座、クレジットカード番号、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(犯罪収益移転防止法)に基づく本人確認書類記載事項

(2) ご契約に関して

保険種類、契約日、復活日、消滅日、消滅事由、契約期間、満期日、払込満了日、保険契約者の氏名および被保険者との続柄、死亡保険金等受取人の氏名および被保険者との続柄、保険金額、給付金額、各特約内容、保険料および払込方法、ご加入時にご提出いただく告知書・診断書等記載事項

(3) お支払いに関して

保険事故発生日、保険事故の内容、死亡日、入院日・退院日、通院日等、ご請求およびお支払保険金等の額、ご請求時に提出いただく医療証明書・事故証明書等記載事項

4. 利用停止の請求手続きについて

次の場合は、ご請求内容が事実であれば、違反の是正のために必要な限度で、遅滞なく利用停止等を行い、その旨を請求者ご本人に通知します。

  • 本人の同意なく目的外利用されている場合
  • 偽りその他不正な取得により利用されている場合

請求手続きについてのお問い合わせは、当社までご連絡いただきますようお願いいたします。

5. 第三者提供の停止請求手続きについて

次の場合は、ご請求内容が事実であれば、違反の是正のために必要な限度で、遅滞なく第三者への新たな提供を停止し、その旨を請求者ご本人に通知します。

  • 本人の同意なく第三者に提供が行われている場合

請求手続についてのご案内

1. 個人情報の利用目的の通知および開示・訂正等請求手続きについて

■ 開示対象事項

  • 保有個人データの利用目的
  • 保有個人データの登録事項

ご本人以外の方に関する個人情報等は開示できない場合もあります。

■ 請求の方法

(1) 請求受付場所

  • 当社窓口にご来社いただくか、または郵送でご請求ください。
  • 郵送での請求を希望される場合は、手続方法をご案内いたしますので、当社までご連絡ください。

(2) 提出いただくもの

  • 所定のお申出書(ご請求者の押印があるもの)
  • 本人確認資料

(3) 本人確認資料の提示について

【ご本人による請求の場合】

  • ご本人の写真付証明書(運転免許証、パスポート)、健康保険証、年金手帳等

【代理人(指定代理請求人、未成年後見人、成年後見人、本人が委任した代理人)による請求の場合】

  • 代理人本人の写真付証明書(運転免許証、パスポート)、健康保険証、年金手帳等
  • 委任状(ご本人が、会社届出印もしくは印鑑証明書の印(印鑑証明書を添付)を押印ください。)
  • 代理権の有無およびその範囲が確認できる資料(後見開始審判書または成年後見登記の登記事項証明書等)

■ 手数料

開示請求に際してはご請求1 件について1,050 円(消費税込)を手数料として国内郵便為替により請求の時にお支払いください。

■ 回答方法

後日、当社より回答書を原則としてご本人宛に送付いたします。なお、ご請求に応じかねる場合には回答書においてその旨をお知らせいたします。

2. 訂正・追加・削除請求について

万一、上記の手続きにより開示された登録の内容に誤りがある場合、内容の訂正、追加または削除を申し出ることができます。
請求の方法は、下記の資料を提出いただくほか、開示請求の場合と同様です。

  • 開示請求時の回答の写し
  • 当該情報に誤りがあることを示す資料

3. 利用停止・第三者への提供の停止請求について

万一、上記の手続きにより開示された登録について、個人情報の保護に関する法律に違反する取扱いがされている場合、利用停止あるいは第三者への提供の停止を申し出ることができます。請求の方法は、下記の資料を提出いただくほか、開示請求の場合と同様です。

  • 開示請求時の回答の写し
  • 個人情報の保護に関する法律に違反する取扱いがされていることを示す資料