ニュースリリース

カーディフ生命のニュースリリースをご覧いただけます。

    

カーディフ生命保険会社 - 住宅ローン世代の不安に応える 【自由に使える保険】 を開発

カーディフ生命保険会社は、銀行の住宅ローンをご利用のお客さま向けに、ガンと診断されたら最高1,000万円の保障を全額一括でお支払いし、ローンご契約者と大切なご家族の生活を守る「自由に使える保険」を開発し、本日より、株式会社東京スター銀行を通じて提供を開始いたします。

2012年04月26日

tokyo-Star-Bank   BNPPC

 

ガンにかかったら、最高1,000万円を“全額一括”でお支払い!

住宅ローン世代の不安に応える 【自由に使える保険】 を開発

~本日より、東京スター銀行の住宅ローン新規ご契約者向けに提供開始~

株式会社東京スター銀行
カーディフ生命保険会社

カーディフ生命保険会社(会社所在地:東京都渋谷区、日本における代表者:久米 保則、以下     「カーディフ生命」)は、銀行の住宅ローンをご利用のお客さま向けに、ガンと診断されたら最高1,000万円(※1)の保障を全額一括でお支払いし、ローンご契約者と大切なご家族の生活を守る「自由に使える保険 (正式名称: 無解約払戻金型特定疾病診断給付保険)」を開発し、本日より、株式会社東京スター銀行(本店所在地:東京都港区、代表執行役頭取CEO 入江優、以下「東京スター銀行」)を通じて提供を開始いたします。

(※1) ガン保障タイプ「1,000万円コース」の場合

早期発見や先進医療の確立によってガンは"治せる病気"になりつつあります。一方で、ガンと診断された時点で仕事を持っていた方のうち、約4割は休職または退職しているという報告もあり(※2)、働けないことで減る収入をカバーしながら、"治す"ための治療に備える、というように、ガンにかかった時のために必要な保障も変化してきています。

(※2) 出典:厚生労働省研究班 「がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査報告書 概要版」

「自由に使える保険」は、東京スター銀行で新規に「スターワン住宅ローン」を組まれるお客さま向けに提供される商品です。いざという時に、使途に制限のないまとまった資金をお受け取りいただけますので、特に30~40代の住宅ローン世代のお客さまに、収入減の補填、教育費のカバー、あるいは治療費として活かしていただくことで、家計やライフスタイルを維持しながら、一日も早く普段の生活を取り戻せるようバックアップします。

AV release_20120426_TokyoStar_3CI

カーディフ生命では、2001年に日本で初めて、住宅ローンのご契約者がガンと診断された場合、住宅ローンの残高が0円になる「ガン保障特約付団体信用生命保険」を開発、また、カーディフ損害保険では、ローン契約者向けに三大疾病保障、5つの重度慢性疾患保障、失業時の保障、女性配偶者への保障を提供し、長期にわたる住宅ローンの返済に伴うお客さまの不安をサポートしてまいりました。

このたび新たに投入する「自由に使える保険」によって、住宅ローンを組まれるお客さまにさらなる安心をお届けいたします。

また、東京スター銀行は、住宅ローンご利用のお客さまに本商品をご提供することにより、ローン返済中の闘病という有事に備える強力なサポートのみならず、ご加入のタイミングでの「保険の見直し」のご案内等、住宅ローン・保険も含めたトータルなライフプランニングのご提案が可能となります。

カーディフ生命は、お客さまのさらなるニーズに応えられるよう、引き続き当社の強みである金融機関の商品に相乗効果のある保険商品を合わせて提供するバンカシュアランスを推進していきます。

東京スター銀行は、保険や住宅ローンなどワンストップでご相談いただける「銀行」という利便性を活かして、今後もお客さまの身近な資産形成のパートナーとしてサービス向上に努めます。

 

このプレスリリースをダウンロード (PDF - 272.59 Ko)